星獣殿 NOVELページ >獣化学園シリーズ > 獣化学園シリーズ No.07

獣化学園シリーズ No.07

シンクロ部 頭より本能で・・・・

作者 DarkStar

紫十字女学園 職員室。

シンクロ部 顧問 水嶋美奈子(ミズシマ ミナコ)は、
部の成績不振に頭を抱えている。

「全く、どうしたものかしら。
 あの子達、個々の技能は高いんだけど、
 どうも協調性が・・・・・。」
 
この紫十字学園は小中高、大学までの一貫の学校。

姉妹校の白十字女学院と違って、
代々獣人の家系でお金持ち・・・・・
言ってみれば、由緒正しき
お嬢様獣人の学校という事になる。

そのため、人に合わせるよりも、
自分のペースでという。生徒が多い。

その名の如く、協調性が何よりも重要視される
シンクロ競技においてこの欠点は非常に痛いのだが・・・・。

「なんとかしないとなぁ・・・・・・」

「あら、お困りですの?。水嶋先生?」

「ああ、猪頭先生。実は・・・・・・」

と同僚に成績不振のシンクロ部について
話し始める。

「そうですか。協調性。・・・・・・」

「なにか、いい案はありませんか?
 アメフト部も団体競技ですよね。
 何か、いい知恵を貸してください。」

と顎に指を当てて考えるアメフト部顧問。

「そうですねぇ。あの仔達の本能を
 刺激してみるとかいかがですか?」
 
「本能ですか?」

「わたくし達は頭より、
 獣の本能で覚えさせる方が有効だと思いますの。
 水嶋先生方の種族も、何か本能を
 揺さぶられるようなものはありませんの?」

「本能・・・・、本能か、あたし達の本能。・・・・・
 あ!!!ありがとうございます。猪頭先生。
 何かひらめきそうです。」

「そうですか、お力になれてよかったですわ。」

意気揚々と、職員室をでていく

・・・・・・・・・

シンクロ部用の室内プール

水着を脱ぎ去り全裸の女生徒達が
一列にならんでいる。

「あの~。先生。わたくし達いわれた通り。
 朝から何も食べてないんですけれど・・・・。」

「そう、大丈夫あたしも、一緒よ。
 この練習はお腹がすいてないと意味がないから・・・。」

と生徒の一人に言うと、今度は別の生徒達が。

「それとなんで裸ですの?」

普通の学校ならセクハラで訴えられそうだが、
この学校では、そういうことにはならないのだろう。
現に彼女たちとて、水着を着ない事に
首をかしげながらも、裸でいることに意義はない様だ。

「うーん。せっかくの水着破ったらもったいないから。かしら」
その一言で生徒達も、なんとなく
練習の一部が判ってきたようだ。

「あなた達取り合えず、そのまま水の中に潜っててね。」

と生徒達はそのまま、プールに飛び込み潜っていく。

普通の人間なら、余り長い間潜っているのは
難しいのだが、水棲生物の獣人である彼女達には
水の中は、心地よい場所であれ、
苦しいことなどなかった。

空腹のまま泳がされる生徒達。
(お腹すきましたわ。先生も、どうしてこんな
 練習を・・・・。)

と、美奈子は、プールに向かって、何か固まりを投げ込む。

ドボーン。という水しぶきと共に、
生徒達の目に、赤い物が飛び込んでくる。
そして、彼女達の鼻に感じる血の匂い。

(ア、アレ、お肉、お肉ですわ。・・・・・)
と水中の少女達の目が輝きだす。

(ど、どうして、こんな所に・・・・
 ああ、おいしそうですわぁ・・・・・・)

沈んでいく生肉を見つめる少女達。

すると、美奈子は、

「みんなーーー、今から投げるお肉全部食べていいわよぉ」
と言葉を聞くや否や。

少女達は、我先にと、生肉に群がり食らい突く。

その後もいくつか、生肉を投げる美奈子。
すると水中にいる少女達の体が変化していく。


顔全体が細長く、成りながら、
口元が大きく裂け、
裂けた口からは鋭い牙がならび、
若く瑞々しい肌の上に堅い緑の鱗が生えてくる。

お尻の付け根当たりから、
骨が伸びそれと比例するように
手足が短くなっていく。

それまで、水の中にいた
かわいらしい少女達は、
全員獰猛なワニへと姿を変え
鼻の穴を水面に出して、息をしながら
プールを泳ぎまわっている。

すると今度は美奈子が
小さい肉の塊を一匹のワニの前に
投げる

するとそのワニは、大きな口を空けて肉を丸呑みする。

今度は別のワニに、肉を投げると
そのワニも、同じように丸呑みしてしまう。

次は、何個かまとめて投げると
ほぼ同時に餌に食らい突くワニたち。

これを繰り返していくと
だんだんワニ達の動きが揃うようになってくる。

こうして、全てのワニ達の空腹が満たされるまで
続けられたのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・

「あれ?、水嶋先生。
 ご飯食べないんですか?」

「え、ええまあ。」
(生徒達も頑張っているんだし、
 あたしも・・・・・って
 本当は、今月もうお金ないから、
 昼間ご飯買うお金がないんだけど。)

そう今回の練習のため、
部費で足りない分は、自腹を切っていたのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・

美奈子がプールにたどり着くと、

少女達が喜びながら飛び込み
その姿をワニへと変えていく。

その姿に
「くそお、あたしだって
 生の肉食いたいんだぁ」

お嬢様たちは、単に楽しみでやっているが、
美奈子の安月給では、まず買わないような高い肉。

その血の滴る肉の塊を目の前に

美奈子の肌が緑色に変わり、
口が伸び、
足より太い尻尾が生えてくる。

鱗に鋭い爪を生やした
ワニ女が、肉に手を伸ばすと
水中から、

「ゴォオオオオ!!!!」
とワニ達がさわぎだす。

「ゴオオオオオオオ!!!」
(判ったわよ。すぐ投げるわよ!!!)

目の前の肉の塊を長い口で食いちぎり
その残りをプールに投げる。


・・・・・・・・・・・・・・・

「すばらしい。紫十字女学園、見事な演技で優勝です。」
とアナウンサーの声が、会場に響き渡る。

プールサイドで美奈子が

「やっとここまで来た。
 フー、でも、おかげであたしの財布は空っぽ。」

優勝できたのはうれしいが
自腹を切った事がやはり美奈子としては痛い。
うなだれる彼女に生徒達が声を掛ける。

「せんせー、やりましたわ。」

「わたくし達、優勝しましたのぉ」

うれしさの余り、口から牙を生やしている仔もいる。

そんなうれしそうにしている生徒達の顔を見て

「ふふ、まあ、これでよかったんだよね。」

財布の中身はなくなったが、
それも、生徒達の笑顔で吹っ飛んだ。

「でも、次はもうちょっと頭使って
 練習させよ・・・・・・。」

とりあえず、今月どう乗り切ろうか考えていた
美奈子に

その後、生徒の親から、
感謝の肉が送られた事は、なによりの救いだった。

	
おわり
Page TOP