星獣殿 NOVELページ >獣化学園シリーズ > 獣化学園シリーズ No.13

獣化学園シリーズ No.13

帰宅部

作者 DarkStar

人に姿を変え、人の中に生きる獣・・・獣人。
しかし、中には、隠れず堂々と人間社会に溶け込んでいるものもいる・・・。

帰宅部・・・・・、特定の部活動の所属せず、
授業が終わった後、そのまま、帰宅してしまう者達。

せっかくの青春時代を部活動で・・・・など言うものもいるだろうが、
帰宅部なりに、青春を楽しむ事も無論悪い事はない。

とある民家の一室、スケッチブックに向かって絵を描く少女。

その前には、・・・・・

「はーい。みいちゃん・・・・こっち向いて・・・・
 あ、だめだめ、尻尾動かしちゃだめよ。」

スケッチブックを持った少女が友人にモデルを頼んでいる。
しかし、被写体の彼女は、普通の人ではなかった。

制服の下から伸びる白い毛の塊、
頭の上から生えた三角の物体

そう彼女は『人』ではなかった。

「ねえ、天ちゃん。自分の尻尾じゃだめなの?」

被写体の女の子がつらそうに友人に聞く。

「えーーだって、自分のだったら見ながら描けないじゃない・・・・
 それに、あたしが書きたいのは、みいちゃんみたいな、ふさふさ系の尻尾なの
 ああ、いいよね~。あたし、尻尾の毛が短いから、
 毛の長いのあこがれちゃう」

「そっかなぁ、あたしは、毛の長いのあんまり好きじゃないよ。
 夏は暑いし、結構ゴミとかついちゃうし、
 それに、毛足の短い尻尾の方が猫っぽくない?」

「え~。毛の長い方がいいじゃん。だって高級種って感じで、
 なんとなくかっこいいじゃん。」

「そうかなぁ~。」
彼女の感情をあらわしてか、頭から生えた耳が、
伏せるように下を向く。

「あ、だめ、耳はピンとしたままね。」

髪から、目を離さず時折姿をみながら、鉛筆を走らせる。

「で、・・・・でも、ふにゃ、・・・・にゃーお」

その状態が辛いのかついつい、人ではない声が出てしまう。

「だから、尻尾はこの位置だってばあ」

と、ゆらゆら揺れる尻尾を思いっきり掴む。

「ヒニャアア、ああ、だめ、い、今しっぽ。敏感になってるから触っちゃ、いにゃあん」

「ね、大丈夫、あとちょっと、ホント後ちょっとだから。」

「もう、だめだにゃああ・・・・・ネコにもどっちゃうニャアアアン。」

そういうと、頬から、白い髭は3対伸び、
顔や腕に白い毛が覆っていくと、
爪が鋭く。

瞳孔が三日月形になり、白目の部分が少なくなり、
虹彩の割合が大きくなっていくと。

白い歯が鋭い牙になり、口元が前方に移動すると

「ニャアアアアアオオオオオ!!!!」

喉からでてきた声は人のそれでなくネコのものになっていた。


獣人の基本的な変身は、

完全に人と同じ姿をした『人間態』

全身を獣の毛で覆い、頭髪などの一部人の姿を残し
二本歩行が可能な『半獣態』

そして、完全な獣の姿になる『完全獣態』

の3つがある。

形態としてこれらは安定しており、一度ここにおちつけば、
たとえ眠ってしまっても、その姿を維持する事ができる。

いまの彼女の姿 猫耳などの姿は、
どちらかといえば、ちゅうと半端で無理な姿、

狙ってやるには、それなりに練習が必要だし、
なによりそれを維持するのはむずかしい。

「あーあ、半獣になっちゃったか・・・・・」

「ま、いっか、そっちの絵もかきたいからポーズとって?」

「フニャアアアアンン!!」
(もう勘弁してぇ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
散々友達をもて遊び、作品を仕上げた彼女。

友人が帰った後で、今度は別の作業に映る。

「さあーて、じゃあ、あたしも・・・にゃーーーーーーお!!」

手を握り、手首を90度に曲げて、
顔の横へ持っていく。

いわゆる招き猫のポーズを取った少女の体を、

黒と、白、そして茶色の三色の毛が覆っていく。

鳶色の瞳が青く輝き、

頭からは三角の耳がピンと立ち、

お尻からは尻尾が顔を出す。

セーラー服を来た人間大の三毛猫は、カメラに向かってポーズをとり再び

「ニャアアアアアアアオオオオオオ」となく。

彼女が大きく口を開け、牙と舌が見えた時

カシャッ!!!

デジカメのシャッターの切れる音

別に写真なのだから鳴き声を上げる必要はないのだろうが・・・・・。

「フニャアアアアアアアアアン!!!」
(うーーん。やっぱりこの表情がかわいいよね。」)

そのまま、デジカメ口で咥えて机の上におき、

ケーブルでパソコンとつなぐ。

猫手の爪でカチリとパソコンの電源スイッチを押し、
起動したパソコンに向いうと
爪を伸ばした猫の手で起用に
パスワードを入力する。

一見打ちにくそうに見えるが、本人は手元も、
見ずにキータイプを続けていく。

「フニャアアアアアン♪」
(なんかこっちの方が、人間の時より打ちやすい)

猫手のまま、マウスを操作し、キーボードと同じように
爪でクリックした。

開いたデータ領域には、いくつもの招き猫のポーズをとった猫人間。

そのうちの一枚を選び、ハードディスクにコピーする。

「ニャア」
(今日はこれにしよ。)

 パソコンのディスプレイに表示されたアイコンをクリックし、
 現れるブラウザウインドウ。
 
 そこに映っているのは、半獣の女の子が
 招き猫のように片手を上げている写真。

 ブログと呼ばれる
 インターネット上の日記には、
 彼女自身の写真が張り付いていた。

 そのコメントと呼ばれる
 閲覧者からの感想欄には、いくつかの書込みが。



 ZZZZ:NEKOたん萌え~です。ネコちゃんかわゆい。
 NNNN:このスーツ、本物みたいですね~。かわいいですぅ。

一つ一つチェックし、返信を返す彼女。

 NEKO:>ZZZZさん。ありがとうにゃ~。あたしもこの毛並み気に入ってるんだにゃあ。
       >NNNNさん。何言ってるにゃあ、これは本物に決まってるにゃ。(笑)

「ニャア、ニャニャウナ、ニヤアアアオ!!」
(やばいにやぁ、猫の姿のままだとどうしても、にゃあとか書きたくなっちゃう。)

彼女のWebサイトの常連といわれる者たちも、
まさかこれが本物の画像とは思うまい。

コメントを書き終えた彼女は、今日の分の日記を書き込んでいく。

招き猫娘の写真がブログページのトップを飾り、
一度読み直してから、作業を終える。

すると、『ピロ~ン』と言う音と一緒に
彼女のパソコン画面の左下に吹き出しが現れる。

『MII >はろ~、天ちゃん。』

「フニィ、フニャアアアアア!!」
(ああ、みいちゃんからだ・・・・)

登録した友人に電話を掛ける様な要領で
短い文章のやり取りを行うメッセンジャーソフトだ。

MIIというインターネット上のあだ名、ハンドルネームは、
さっきまで彼女の家にいた友人の物だ。

『ニャーーーーン!!!』

天が打ち込み、Enterキーを押すと、

『天:ニャーーーーン!!!』

とソフトには、天の発言として、表示される。

『MII :ニャアアア!!!』

すぐに、彼女からの返信が帰ってくる。
どうやら、天に合わせてくれたみたいだ。

「ニャ~ン、ニャニャナナナニャーーーン!!!!」
(えっと、どうしたのかにゃああ?)

ついつい、書いている内容を言いながら打ち込んでしまう。
しかし、今、猫のままの彼女が打った文字は、

『天 :ニャ~ン、ニャニャナナナニャーーーン!!!!』

「フニャ、フニャニャ!!!」
(やば、言ったとおりの打っちゃった。)

『MII :・・・・・天ちゃん。ひょっとして猫に戻ってる?』
さすがに友達にもすぐの状況がわかったみたいだ。

『天  : ううう、ばれたニャア・・・・・・』

『MII :人間になってから打ったら?、猫語を活字にされてもわかんないから。
     って言うかよく猫のまま、パソコン仕えるよね。』

確かに、猫の言葉を『人間の活字』に置き換えた所で意味などわかるはずもない。

『天  : にゃははは、でも一度猫に戻っちゃうと、人間になるのが面倒くさくて・・・・』

『MII : まあ、その気持ちもわからないでもないけど・・・・・・
     あたしも家にいるときは大抵、猫の姿だし。』

『天  : でなんのようだったけニャン!!』

『MII: もお、天ちゃんのせいで忘れちゃったじゃない。
     来週のイベント話よ。』

彼女達が参加するのは、動物のコスプレイベント

『天 : 久々にお天道様の下を堂々と猫の姿で歩けるのは、
    楽しみだニャ。』

参加者は人間達が着ぐるみや、メイクで思い思いの動物に変身する
なかなか本物志向もの少なくなく、
その中に混じって幾人か
本物の獣人が紛れ込んでいる事に気が付くものなどいないだろう。

『MII:そうだね。それに人間にばれちゃうかな~ってスリルもあってちょっと
    楽しいよね~。』

『天 :そうそう、でもこのイベントに来てる人なら、気持ち悪がったり、
    怖がったりしないで、逆にうらやましがられそうじゃない。』

『MII: そうね。ヒロインになれるかも。』

『天 : (笑)』

話に盛り上がった少女達の『会話』は、途中、
食事や、お風呂で中断されながらも、深夜まで続いていく。

	
おわり
Page TOP